ラミネートセル電池のX線顕微鏡CT観察

電池は、様々な材料を用いて作成されています。各構造の均一性、不純物、欠陥などが電池材料の性能、安定性、寿命などの製品特性に大きく影響します。また、充放電を繰り返すと内部構造が変化し、特性が低下することが知られており、電池の内部構造の非破壊観察評価が求められています。サンプル内部を透過観察するX線顕微鏡を用いると、ラミネートされた電池セル内部のミクロンオーダーの構造を非破壊で観察することができます。また、Computed Tomographyの手法を利用して、3次元構造の可視可が可能になりました。


このアプリケーションをPDFで見る