公的研究費の運営・管理責任体制【株式会社リガク(日本)】

基本方針

株式会社リガクは、下記の責任体制のもと、公的研究費を用いた研究活動における公的研究費の運営・管理及び研究活動上の不正行為に関する法令、国及びその管轄下の公的研究機関の定める方針、ガイドライン等を遵守し、公的研究費の適正な運営・管理及び研究活動上の不正行為の事前防止・公正な研究活動の推進を行うものとします。

責任体制

株式会社リガクは、基本方針の推進及び不正があったときの対応についての社内規程・体制を整備し、最高管理責任者が率先して不正防止に努めています。
  最高管理責任者 統括管理責任者 コンプライアンス推進責任者
責任者 代表取締役 社長 研究開発部門の担当役員 研究開発部門の部長
役割 不正防止対策の基本方針を策定・周知するとともに、それらを実施するために必要な措置を講じ、統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が責任を持って公的資金の運営・管理が行えるよう、適切にリーダーシップを発揮する。 自らが担当する研究開発部門において、不正防止対策の組織横断的な体制を統括し、基本方針に基づく具体的な対策を策定・実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を最高管理責任者に報告する。 自らが管理監督する部門における不正使用及び不正受給の防止対策を実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を統括管理責任者に報告する。

公的研究費の運営・管理に関する相談の受付窓口

■連 絡 先:株式会社リガク内 コンプライアンス委員会 相談受付窓口
住 所:〒196-8666 東京都昭島市松原町3-9-12
電 話:03-3479-4805
電子メール:p-info@rigaku.co.jp

公的研究費の不正使用・不正受給及び研究活動上の不正行為に関する告発の受付窓口

■連 絡 先:株式会社リガク内 コンプライアンス委員会 告発受付窓口

住 所:〒196-8666 東京都昭島市松原町3-9-12
電 話:03-3479-4805
電子メール:p-info@rigaku.co.jp

■連絡方法:書面、電話、電子メール、又は面談

■留意事項

  • 告発は、原則として顕名によるもののみ受け付けます。
  • 告発には、不正とする合理性のある理由(研究活動上の不正行為については科学的な合理性のある理由)を示す必要があります。
  • 告発者には、調査に協力を求める場合があります。
  • 調査の結果、悪意に基づく告発であったことが判明した場合は、氏名の公表や懲戒処分、刑事告発があり得ます。