セメント

XRFとXRDで元素組成と化合物組成を調べる

セメント

現代のポルトランドセメントは、石灰、シリカ、アルミナ、酸化鉄などの物質を混ぜ、ほとんど融解するまで熱して作られます。加熱プロセスにおいて、ケイ酸二カルシウム、ケイ酸三カルシウム、アルミン酸三カルシウム、鉄を含む固溶体が生成されます。蛍光X線分析(XRF)は、セメント業界でスタンダードな分析手法であり、金属酸化物の濃度と酸化物の化学量論組成を決めるのに使われます。X線回折(XRD)では、製造過程において非常に重要な、クリンカー中の遊離石灰の定量分析ができます。窯のパラメーターはモニタリングされ、XRDとXRFの分析結果に基づいて連続的に調整されます。リガクのテクノロジーとノウハウはこれらの測定に関して、数々の独自のソリューションを提供しています。

s

アプリケーション

s
s