熱重量・示差熱 TG-DTA

リガク示差熱天秤 Thermo plus EVO2/TG-DTAシリーズ

TG-DTAの曲線モデル

  ※ 曲線モデルをクリックするとサンプル測定データー(PDF)をご覧いただけます。

関連製品

熱物性に関するもの 【熱重量測定 TG】

熱重量変化(質量の変化)TGは、試料の温度を一定のプログラムに従って変化させながら、その試料の質量を温度の関数として測定する方法と定義され、試料を加熱または冷却した時に、試料の質量変化を連続的に測定する方法であり、
 脱水・分解・酸化・還元などの化学変化
 昇華・蒸発・吸脱着など質量変化を伴う物理変化
の検出に利用され、変化の前後の重量差(減量率)を求めることにより、定量的な測定が可能です。
 

熱物性に関するもの 【示差熱分析 DTA】

DTAは、試料を加熱または冷却した際に起こる物理変化や化学変化に伴って試料内で発生する熱変化を基準物質(Reference)との温度差として検出する手法です。基準物質との温度差は、試料ホルダー感熱板に溶接された熱電対により検出され、以下のような挙動が検出できます。
 分解、酸化、還元、、脱水昇華、蒸発、吸着、脱着、
 転移、融解、凝固、結晶化硬化、ガラス転移

DTAの検出原理