デジタルX線検査装置 DR-Lab

  • 圧倒的に早い撮影時間
    フィルムに比べ撮影時間が短縮され、ハイスループットの検査に最適です。撮影数秒後で画像表示することが可能です。
  • 専門技術がなくても容易に操作
    フィルムに比べ広いダイナミックレンジで最適な画像抽出、データ保管、受け渡しが可能です。
  • 環境に配慮したエコロジー設計
    現像設備や現像液・廃液処理が不要です。
  • 多彩なX線発生器
    X線発生器は用途、材質に併せて、選択することが可能です!
  • システムイメージ
    システムイメージ
  • 検出器 (デジタルX線検査装置 FXG-DRシリーズ
    検出器
DR-Lab

発生器に工業用ポータブルX線装置 RF、検出器にデジタルX線検査装置 FXG-DRを採用したデジタルX線検査装置システム「DR-Lab」。
フィルムに比べ撮影時間が大幅に短縮され、ハイスループット検査に最適です。
ダイナミックレンジも広く、専門技術がなくとも最適な画像抽出、データ保管、受け渡しも可能です。
またデジタルなので、現像設備や現像液・廃液処理も不要です。

モデル FXG-DR1012W FXG-DR1417W
エネルギーレンジ 最大X線出力 40~330kV
検出器 タイプ フラットパネルディテクター
ピクセルサイズ 127µm
検出エリアサイズ 10.4インチ(H) X 12.7インチ(W) 14インチ(H) X 17インチ(W)
ピクセル数 2048(H) X 2560(W) 2816(H) X 3328(W)
防X線キャビネット 標準 W1200mm(W) ×800mm(D)×1800mm(H)

※仕様は予告なく変更になる場合があります。    ※1:用途に応じてカスタマイズのご提案が可能です。

システムイメージ DR-Lab装置図
DR-Lab製品概要

  (従来型)間接変換型 (新開発)直接変換型
アルミ部品 アルミ部品間接変換型 アルミ部品直接変換型

Al鋳物の測定事例です。新開発の直接変換型FPDと間接変換型FPDの撮影画像を比較すると、直接変換型FPDでは、Al鋳物部品中に多数の巣が確認できました。





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。