示差走査熱量計 Thermo plus EVO2 DSC8231

  • 基本性能の向上
    Thermo plus EVO2 DSC8231は微小なピークも見逃さない低ノイズも実現しています。
    新しい電気炉構造と電気炉回路技術の調和により、ベースライン安定性の向上と低ノイズを実現しました。微小変化を高感度に検出、微量試料の測定にも対応。
  • 目的に合わせて選べる冷却システム
    • 液体窒素自動供給型冷却ユニット:冷却ユニットに液体窒素自動供給システムを接続し、温度プログラムに応じて液体窒素を連続的に供給するシステムです。
    • サーキュレーター型冷却ユニット:冷却ユニットにサーキュレーターの冷却水を流し連続的に冷却するシステムです。
    • サイフォン型冷却ユニット:液体窒素容器に接続されたサイフォンから液体窒素を冷却ユニットに供給するシステムです。
Thermo plus EVO2 DSC8231
EVO2 DSC8231/SL

DSCは、試料を加熱または冷却した時に、試料内に発生する熱エネルギーの変化を比較的微量の試料を使用し、再現性よく定量的に検出する手法であり、原理的に、エネルギー補償型と熱流束型に分けることができます。
リガクが採用している熱流束型DSCは、DTA(示差熱分析)から発展してきたもので、DTAを定量することによりエネルギーを測定する方式です。

モデル名
Thermo plus EVO2 示差走査熱量計 DSC8231
測定方式
熱流束型
測定温度範囲*1
-150℃~725℃(最高750℃)
測定範囲
±100mW
プログラム速度
1℃/h~100℃/min
ノイズレベル(RMS)
0.5μW 以下
測定雰囲気
大気・不活性ガスフロー
試料量
最大100μL
冷却ユニット*2
サイフォン型、サーキュレーター型、液体窒素自動供給型
試料自動交換機*2
試料数:24個、レファレンス:3個、較正用試料:5個
*1 室温以下は、測定温度範囲に応じた冷却ユニット(オプション)が必要です。500℃以上の測定は、不活性ガスフローが必要です。
*2 オプション




ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。