小型実験動物用3DマイクロX線CT CosmoScan GX II

超高速・超高解像度のin vivoマイクロCT

  • 2.3ミクロン High Grade Imaging
    in vivo microCTでは異例のex vivo専用撮影モード(超拡大機構:Super High Resolution Mode)を搭載し、最小画素サイズ2.3μmの画像取得を実現しました。従来の長時間撮影モードとの併用により高コントラスト、ノイズ低減効果もさらにUPします。
  • FOV86 Wide View Imaging
    従来の撮影モードで実現困難だった超肥満ラットの心拍呼吸同期撮影が可能となりました。
    さらに奥行方向(Z軸)に撮影範囲を広げたFOV70撮影モードも搭載しています。
  • 3.9秒撮影 High Speed Imaging
    最高117fpsの超高速検出器搭載により3.9秒CTスキャンを実現しました。肺転移やCOPD等、呼吸器疾患モデルの胸部撮影では呼吸波形が安定せず呼吸同期撮影が困難な事があります。そのような疾患モデルのCT撮影にGXⅡの超高速撮影が大いに役立ち、さらに被ばく線量の低減にもつながります。
  • 心拍呼吸同期ソフトウェアアップデート
    心拍及び呼吸同期信号の表示機能が搭載され、同期ポイントの確認が可能となりました。
    心拍呼吸同期ソフトウェアアップデート
  • 被ばく線量表示
    撮影サンプルのX線被ばく線量表示機能が搭載され、再生医療や癌の非臨床研究分野では必須アイテムとして重宝されています。
    被ばく線量表示
  • 3Dreal マルチウィンドウ(オプション)
    光源の色、距離、強度調整し、病理サンプルに酷似した3D画像描写を実現しました。最大4枚の画像データを同時にモニタ表示するマルチレイアウト機能も搭載されています。
    3Dreal マルチウィンドウ(オプション)
  • Rigaku Bone Analysis Software(一部のみオプション)
    摘出した長管骨サンプルデータを取り込み速やかに骨解析パラメーターを算出します。骨解析範囲を設定する手法のバージョンアップにも対応します(オプション)。
    Rigaku Bone Analysis Software(一部のみオプション)
  • マウス頭部固定具(オプション)
    マウス頭部を固定状しCT撮影するための特殊器具となります。歯や顎骨のCT撮影時に、頭部が動かないよう保持します。
    マウス頭部固定具(オプション)
  • フィルターチェンジャー(オプション)
    用途や材質に合わせてX線フィルターの変更により、線質を変えることができます。
    フィルターチェンジャー(オプション)
R_mCT2

CosmoScanFX,GXのアップグレードにも対応!
より精細に、より効率的に観察できる新機能搭載。
既存の現有システム(CosmoScanFX,GX)からの機能アップグレードにも対応しています!





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。