1光子検出型ハイブリッドピクセル検出器搭載単結晶X線構造解析装置 XtaLAB Synergy

  • さらに理想を追求した検出器 HyPix-6000HE
    現存する検出器の中で最も理想的とされているHPC(Hybrid Photon Counting)検出器にさらに磨きをかけ、単結晶X線構造解析装置用に新しく開発した1光子検出型ハイブリッドピクセル検出器HyPix-6000HEを標準搭載しています。
  • さらに進化したゴニオメーター
    進化したκゴニオメーターを搭載。カメラ長の対応範囲も広く、効率よくX線回折強度データを収集できます。従来モデルのκゴニオメーターと比較すると、回転軸の駆動速度は2倍になったため、全測定にかかる時間を大幅に短縮できます。
  • さらに輝度の向上したマイクロフォーカス線源 PhotonJet-S
    新しい技術を集結し、従来のマイクロフォーカス線源に比べ約2倍の輝度を実現しました。最適化された多層膜集光ミラーには、モータ駆動の調整軸があり、コントロールPCから調整することで、常に最高のパフォーマンスが得られます。線源はCu、Mo、Agから選択でき、線源が1つのシングルソースシステム、2つのデュアルソースシステムに対応します。
  • さらに高機能化したソフトウェア CrysAlisPro
    XtaLAB Synergyの中枢を担っているのは、装置制御・データ処理ソフトウェアとして好評なCrysAlisPro。緻密な並列処理アーキテクチャにより、高速化・高機能化されたハードウェアの高いフルエンスを最大限に活かします。高度なアルゴリズムをもとにした複雑な結晶構造解析も、短時間で実現可能としました。
ROD logo

XtaLAB Synergyは、低分子、生体高分子の区別なく、使用する方の目的達成を最優先に考えてフルスクラッチ開発された、まったく新しい単結晶X線構造解析装置です。
最先端技術を駆使したハードウェアとユーザーフレンドリーなソフトウェアのそれぞれの特長を活かし、最高のパフォーマンスを発揮できるように設計されています。
XtaLAB Synergyを活用することで、X線回折強度データをさらに精度よく、迅速かつインテリジェントに収集することができます。

This video shows the XtaLAB Synergy-S single crystal X-ray diffractometer in action. Watch the fast diffractometer race the Rigaku office coffee machine to obtain a the X-ray crystal structure; this system is fast!

If you are unable to view this video, click here to download it (354 MB).


HyPix-6000HE: Hybrid photon counting X-ray detector



Rigaku Oxford Diffraction now offers the HyPix-6000HE Hybrid Photon Counting (HPC) X-ray detector. Like all HPCs, the HyPix-6000HE offers direct X-ray photon counting, single pixel point spread function and extremely low noise. The HyPix-6000HE HPC offers a small pixel size of 100 microns, which allows you to better resolve reflections for long unit cells as well as improving reflection profile analysis. The HyPix-6000HE has a high frame rate of 100 Hz, as well as a unique Zero Dead Time mode providing the ultimate in error-free shutterless data collection.

  • Direct photon counting with no phosphor blooming
  • Single pixel point spread function
  • 100 μm x 100 μm pixel size
  • Extremely low noise
  • Frame rate of 100 Hz
  • Electronically gateable
  • Radiation tolerant design



PILATUS3 R 200K: Low maintenance, direct photon counting X-ray detector



The PILATUS3 R 200K is a hybrid photon counting (HPC) X-ray detector designed to achieve the best possible data quality for diffraction experiments. HPC detectors are direct-detection, single-photon counting devices that have essentially no noise and high sensitivity. Moreover, the high dynamic range excellent DQE characteristics for the PILATUS3 R 200K means that they it is well suited for accurately measuring weak reflections alongside very strong reflections - overload corrections and separate scans for weak and strong data are not necessary. The readout time for the PILATUS3 R 200K is 7 msec readout speed, making it capable of true shutterless data collection, thus removing errors associated with shutter open/close and goniometer start/stop events. HPC X-ray detectors have revolutionized the way data are collected at synchrotrons and the PILATUS3 R detectors bring those same capabilities to collect the best possible data at home.
Detector   PILATUS3 R 200K
Active area   83.8 mm x 70.0 mm
Sensor Reverse-biased silicon diode array
Dynamic quantum efficiency (Cu-Kα; Mo-Kα) > 98%; > 76%
Dynamic range 20-bits
Counting rate per pixel 2 x 10⁶ X-ray photons/sec
Readout speed 7 msec
Maximum frame rate 20 Hz
Point-spread function 1 pixel
Cooling Air-cooled
Humidity control Nitrogen or dry air flow
Pixel size 172 μm x 172 μm



PILATUS3 R 300K: Direct photon counting X-ray detector with larger active area



The PILATUS3 R 300K is a hybrid photon counting (HPC) X-ray detector that is desirable by labs who desire the benefits offered by PILATUS detectors combined with 4-circle goniometers, but prefer a larger active area. HPC detectors are direct-detection, single-photon counting devices that have essentially no noise and high sensitivity. Moreover, the high dynamic range excellent DQE characteristics for the PILATUS3 R 300K means that they it is well suited for accurately measuring weak reflections alongside very strong reflections - overload corrections and separate scans for weak and strong data are not necessary. The readout time for the PILATUS3 R 300K is 7 msec readout speed, making it capable of true shutterless data collection, thus removing errors associated with shutter open/close and goniometer start/stop events. HPC X-ray detectors have revolutionized the way data are collected at synchrotrons and the PILATUS3 R detectors bring those same capabilities to collect the best possible data at home.
Detector   PILATUS3 R 300K
Active area   83.8 mm x 106.5 mm
Sensor Reverse-biased silicon diode array
Dynamic quantum efficiency (Cu-Kα; Mo-Kα) > 98%; > 76%
Dynamic range 20-bits
Counting rate per pixel 1 x 10⁷ X-ray photons/sec
Readout speed 7 msec
Maximum frame rate 20 Hz
Point-spread function 1 pixel
Cooling Water-cooled
Humidity control Nitrogen or dry air flow
Pixel size 172 μm x 172 μm

CrysAlisPro は、Rigaku Oxford Diffraction フォーラム(http://www.rigakuxrayforum.com/  )からダウンロードしてお使いいただけます。
フォーラムを初めてご利用される方は、「 CrysAlisProをお使いいただく前に 」 をご参照の上、ユーザー登録をお願いします。

製品の特長・仕様

  • 統合プラットフォーム
    無機・有機・蛋白質、すべての試料において同じプラットフォームを提供するX線回折データ測定・処理ソフトウェアです。使い勝手のよさを追求したユーザーフレンドリーなインターフェースを搭載。完全自動処理の他、インタラクティブ処理や完全マニュアル処理にも対応します。さらに、自動構造解析プラグインAutoChemとのコラボレーションにより、測定から構造解析まで、完全自動化を実現します。
  • ユーザーフレンドリー
    どなたでも簡単かつ直感的に操作できるユーザーインターフェースを搭載。“Small molecule”モードと“Protein”モードの切り替えはGUIでワンクリックするだけ。それぞのれモードに最適なワークフローとツール構成に速やかに切り替わるため、試料によらず、同じ操作感で測定・処理可能です。
  • 洗練されたワークフロー
    結晶のマウントからスクリーニングや予備測定、測定条件の設定、本測定、データ処理までシームレスに、無駄なく無理なく流れるワークフローをご提供します。
  • 充実機能
    インタラクティブ処理による格子決定のためのツールや逆格子ビューアなどの機能が充実しており、自動処理では対応が難しい試料を簡単に取り扱うことができます。
    また、結晶外形と面指数の関連づけ、DACを用いた高圧条件下での測定、複数の温度条件での測定、粉末試料の回折データ測定および処理、プリセッション写真のシミュレーションや結晶の軸立て条件の計算なども可能です。CrysAlisProは、多様なユーザーニーズに応え、常に進化し続けるソフトウェアです。
  • ソフトウェアアップグレード対応
    今までお使いの装置でも、CrysAlisProの高度なアルゴリズムをお使いいただけます。
    ※ アップグレード対応機種の詳細については、お問い合わせください。
 




ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。